風俗嬢のポテンシャルが凄い

試しにというはずが…

あれは今から数年前の話ですね。同僚と一緒に風俗に行ったんです。同僚は何度か行ったことがあるらしかったんですけど、自分は初風俗だったんです。自分が足を運んだことがないので、同僚と一緒に興味本位で行ってみようってことになったんです。その時の子とは今でも覚えていますけど、それ以来、風俗が自分の中で趣味というか、大袈裟かもしれないんですけどライフワークになったと言っても決して過言ではないんですよね(笑)本来であれば自分なりに趣味とか持っていたのかもしれないんですけど、風俗こそ男として最高の趣味なんじゃないかなと(笑)女の子と時間を過ごせるというだけじゃなく、自分の理想の時間を過ごすことが出来るじゃないですか。これが想像以上に大きいんですよ。ストレスがないだけじゃなく、抑えている気分を発散することも出来るんです。今は世の中そのものがデリケートなだけに、風俗での時間ほど貴重なものはないんじゃないのかなって。

刻まれたのはやっぱり風俗かな

いろいろと遊びましたけど、自分の心に一番刻まれたのはやっぱり風俗かなって思いますね。言い換えれば、風俗で使ったお金が一番納得しているというか、支払って良かったなって思えるものだったってことです。男としての本能でもある性欲を満たしてくれるだけでありがたいなって思いますけど、性欲もオナニーのようにただ発散するだけじゃなく、発散のプロセスがいわば風俗嬢の個性の見せ所でもあるじゃないですか。でも、どんな女の子であれ、それぞれ違った方法で男を満足させようと考えて努力してくれるのがそそられるんですよね。それだけでも自分にとって、楽しい時間を満喫することが出来たんじゃないかなって思っていますし、そのおかげで風俗は何気にとっても楽しいものだなってことも理解出来たのもあって、自分自身の中で風俗の存在感が高まるとともに、評価も上がっていったんです。他でお金を使うくらいなら、少し我慢して風俗で使った方が良いなって。